yuta orisaka
"yabuin" at parco museum tokyo

折坂悠太による初の展覧会「薮IN」が渋谷パルコにて開催

yuta orisaka "yabuin" at parco museum tokyo
yuta orisaka "yabuin" at parco museum tokyo
News/

折坂悠太による初の展覧会「薮IN」が渋谷パルコにて開催

yuta orisaka
"yabuin" at parco museum tokyo

これまでに『平成』(2018年)、『心理』(2021年)といった音楽作品のほか、映画の劇伴音楽や CM 曲を手がけるなど活躍の幅を広げている折坂悠太が、新たな表現として、展覧会「薮IN」を5月13日(金)から5月30日(月)までの間、渋谷の PARCO MUSEUM TOKYO (パルコミュージアムトーキョー) にて開催している。

彼のこれまでの音楽作品群と並べて、最新作という位置付けで発表された今回の折坂悠太展「薮IN」。

本展覧会はタイトルにもあるように「薮」をテーマとしたものとなっており、360 Reality Audio (サンロクマル・リアリティオーディオ) による立体音響体験や、映像を使った表現、不定期に開催するという折坂自身によるインスタレーションやパフォーマンスなど、会期中もその形態が日々変化していく体感型の展示となる。

短編小説『薮IN』を始め、エッセイ、論考、対話など様々なスタイルの文章を折坂悠太が書き下ろした初の著書。ゲスト作家として塩田正幸(写真家)、坂口恭平(建築家、作家、音楽家、画家)、イ・ラン(音楽家、作家、イラストレーター)も参加するオムニバスブックとなる。

今回の展覧会に合わせて、折坂初の書籍作品『薮IN』も会場にて先行販売を行う。今回の展覧会の着想ともなった同名の短編小説『薮IN』を含む全7編の作品と3つのコラムが全編書き下ろしで収録されている。書籍作品『薮IN』の一般発売は6月1日(水)を予定。また、展覧会開催を記念し、会場内にて展覧会記念グッズも会場にて販売している。

「会期中、薮は変わっていきますし、私も変わっていきます。世界も変わっていくし、皆さんも変わっていくんだと思います。そういう変化をみんなで楽しめたらいいんじゃないかと思います。」

本展覧会への思いをこのように語る折坂悠太。彼の新たな表現を体感しに、是非足を運んでみてほしい。

share