Weekend Max Mara
Announces Signature Capsule Collection "Habito"

建築家パトリシア・ウルキオラと創るウィークエンド マックスマーラのシグネチャーコレクション「HABITO」

©︎ Weekend Max Mara

Weekend Max Mara Announces Signature Capsule Collection "Habito"
Weekend Max Mara Announces Signature Capsule Collection "Habito"
News/

建築家パトリシア・ウルキオラと創るウィークエンド マックスマーラのシグネチャーコレクション「HABITO」

Weekend Max Mara
Announces Signature Capsule Collection "Habito"

マックスマーラグループのライフスタイルラインとして1983年に誕生した Weekend Max Mara (ウィークエンド マックスマーラ) の、世界で活躍する著名アーティストとのコラボレーションを発表するシグネチャープロジェクト。記念すべき10回目となる今季のコレクションは、スペインの建築家・デザイナーである Patricia Urquiola (パトリシア・ウルキオラ) を迎え、刺激的なコレクションが完成した。

今回の「Habito」コレクションについてウルキオラはこう語る。「『Habito』とは、”habits (習慣)”や一人称の”to inhabit (住む)”を意味するスペイン語です。人はどのように空間で過ごすのか、生活を送るのか。それを日々、さまざまな次元で研究するのが私の仕事です。衣服も同様です。衣服は住まいの一部であり、私たちとともに生活します。本コレクションは、我が家のようにあなたを迎えてくれるハイブリッドなアイテムの物語です。感情が住まう場所なのです。」

今回 Weekend Max Mara から発表された新シグネチャーカプセルコレクション「Habito」からは、日常にアクセントを加える華やかなコレクションがお目見え。コントラストを効かせたグラフィックのパターンやカラー、質感、予測不可能な効果を演出するシルエットなど、視線をくぎ付けにするミスマッチ感で、彼女が得意とする「ハイブリッド」効果がコレクション全体に反映されている。ブラウスはジャンパーブラウスに変身することもできる仕様で、コートやキルティングジャケットはシームレスに調和。ブランドの象徴的なアイテムであるコートは、コクーンシェイプなどゆったりとしたシルエットを得意とする Weekend Max Mara のデザインを再解釈したもので、そこに伝統的なウールやリブニットにテクニカルナイロンを組み合わせ、マットや光沢、反射などの効果をプラスすることで、ウルキオラのハイブリッド化を体現した。

また、カラフルな裾、ボリューム感、折り目などスペインの民族衣装の要素も取り入れ、計算された色使いでディテールを強調したり、ブラウスやオーバーサイズのニットにグラデーション効果を取り入れたりと、本コレクションでは色彩も主役級の存在感を放っている。

さらに、ラグソールにフリンジをあしらったソフトレザーのチェルシーブーツや、パッドを入れた縦のパターンで立体感を出したタイプと斜めのラインで玉虫効果の輝きを演出したタイプの2種類のパシティーノバッグなど小物類も充実している。

新作「HABITO」は、2022年9月より Weekend Max Mara の店舗とマックスマーラ公式サイトにて販売がスタートするのでお見逃しなく。

share