maison margiela
2023 "co-ed" collection

技巧を凝らしたパンクスタイル。メゾン マルジェラ 2023「Co-Ed」コレクション

©Maison Margiela

maison margiela 2023 "co-ed" collection
maison margiela 2023 "co-ed" collection
News/

技巧を凝らしたパンクスタイル。メゾン マルジェラ 2023「Co-Ed」コレクション

maison margiela
2023 "co-ed" collection

John Galliano (ジョン・ガリアーノ) が手掛ける Maison Margiela (メゾン マルジェラ) が、パリにて2023「Co-Ed (コー・エド)」コレクションを発表した。2022年の「Artisanal (アーティザナル)」コレクションでは、舞台上でモデルが演じるシーンを撮影し、「Cinema Inferno (シネマ・インフェルノ)」と題した映画を同時上映するというパフォーマンスで会場を沸かせた。本コレクションは、その物語を引き継ぎ、映画に登場する逃亡中の主人公、カウントとヘンの出産にインスピレーションを受け、構想したのだという。

©Maison Margiela

会場となったのは、パリ16区にあるメゾンの新しい本社。地下では、「Artisanal」コレクションで発表した作品「Cinema Inferno」劇中シーンを再現した宙に浮いたクラシックカーや「Artisanal」のクリエイションの中で再現された絵画の中に入るような演出など、フィジカルとデジタルの要素が組み込まれたプレゼンテーションにより、観客を物語の中に引き込んでいった。目的地となったビルの5階で始まったショーは、真っ白なランウェイをモデルが前かがみの体勢でウォーキングするというアグレッシブなアティチュードで、コレクションのコンセプションを体現している。さらに、屋上に招待された観客が目にするのは、巨大なビルボードに映し出される John Galliano と Nick Knight (ニック・ナイト) が maisonmargiela.com 用に共同開発した「Clothes in movement (動く服)」のコンセプト。バックステージの雰囲気を感じながら、「Co-Ed」コレクションを最後の瞬間まで存分に体験することができる。John Galliano は、映画のループの中に閉じ込められていた2人の子供を想像し、彼らのスタイルの本質と美学の融合をコレクションに落とし込んだ。

今回のコレクションでは、カスタマイズと記憶の再文脈化という若者中心のアイディアを検証。ジャケットは、ロールシャッハ・テストというインクのしみを用いた投影法からインスピレーションを受けた「ロールシャッハカッティング」と呼ばれるメゾンの新しい技法を取り入れ、「Décortiqué (デコルティケ)」を施すことで、衣服の構造的な核をあらわにした。アメリカンウェスタンのヨークを思わせるカットアウトモチーフには、ミッキーマウスの輪郭を浮かび上がらせている。また、チェーンや安全ピン、レザーのグローブ、網タイツなど、ルックには随所にパンクの精神が表れており、かつて世界を席巻した偉大なロックスターのスタイルを彷彿とさせる。

本コレクションは、「お下がり」をキーワードに、衣服をつぎはぎしたりカスタマイズしたりして、「不適切を適切化する」という意味の「Appropriate the Inappropriate (アプロプリエイト・ザ・インアプロプリエイト)」を表現した。ミッキーマウスの T シャツや帽子は、Maison Margiela のレーベル Recicla (レチクラ) のヴィンテージを再利用。イギリスの風刺画家 James Gillray (ジェームズ・ギルレイ) とサイバーパンクの融合をイメージしてつぎはぎされたコルセットも登場した。「Dressing in Haste (ドレッシング・イン・ヘイスト)」を反映し、バイアスカットのドレスを解体してロンパースに変えた「ロンパージュ」のルックは、下着にドレスが引っかかる様子を表し、シルクシフォンやナイロンチュール、ラメなどの繊細な素材で構成されている。ネオブレンボンドの花柄のコートやジャケットが登場したほか、チュールやシルク、レースやメッシュなどのライトな素材も多数使われ、パンクの中にもキュートなアクセントが加えられた。

前後を逆さまにして着用したウール・チェック柄のシャツは、アメリカの老舗ウールブランド Pendleton (ペンドルトン) とのコラボレーションによるもの。カーディガンやロンパース、アウター、フォーマルウェアのディテールにもあしわれている。

 

さらに今回は、韓国発のサングラスブランド Gentle Monster (ジェントル モンスター) とコラボした、スペシャルなアイウェアがコレクション全体に登場した。2023年2月28日(火)に発売されるジェンダーレスアイウェアは、John Galliano の職人技の核となるコンセプトに基づいていて、様々なカラーバリエーション、そして11のデザインが展開されている。Maison Margiela のアイコンである「Tabi (タビ)」は、つま先の形を初めて進化させ、ボックスレザーやラインストーンを散りばめたパステルカラーで登場。ウエスタンブーツやウェリントンブーツ、10 cm ヒールのパンプスなど様々なバリエーションで展開された。

John Galliano らしい華やかな演出とスタイリングの中に、メゾンのヘリテージが受け継がれ、クリエイションの本質を突くコレクションとなった。

 

share