The pick #33
get clean, wear green

【The Pick】 クリーン & グリーンな春コスメ 2020

The pick #33 get clean, wear green
The pick #33 get clean, wear green
Select/

【The Pick】 クリーン & グリーンな春コスメ 2020

The pick #33
get clean, wear green

photography: hiroki watanabe
edit & text: miwa goroku

ビューティ界にもサステナブルの波が到来し、急速に広がりを見せている。ナチュラルの代替語でもある “グリーン” は、今春夏のキーカラーにも浮上中。というわけで今月は、サステナブルなフィロソフィーを持つブランドから、”グリーン” のエッセンスを持つアイテムを厳選ピックアップ。クリーン、ナチュラル、オーガニック、ヴィーガン、リサイクル、環境保護…… 自分に合うスタイルを選び取り、突き詰めた先にはもっと楽しく、気持ちのいいビューティフルライフが待っているはず。

1. サステナブルな処方を、リサイクルガラスで | アスレティアのローション

athletia コアバランス トーニングローション 150㎖ ¥5,500

自然由来成分にこだわり、容器や包装資材まで環境に配慮した新スキンケア&ライフスタイルブランドの athletia (アスレティア)。シソとアシタバがブランド共有成分となっていて、いずれもサステナブルな循環型農園で栽培されたものを積極的に配合するなど、トレーサビリティも明確だ。中心製品のひとつであるこちらは、肌本来の基礎力を補う発想のトーニングローション。グリーンの容器は、リサイクル使用率が低いといわれるカラーガラスを採用。自然由来指数98%のナチュラルな処方、ラベンダーとミントベースの香りにも癒される。

2. 肌バランスも、地球環境も | ゲランのシリコンフリーベース

GUERLAIN レソンシエル プライマー 30㎖ ¥6,200

天然由来成分配合率は97%*をマーク、まるで美容液のように気持ちのいい “肌フローラ育成”系の最新ベース。Tゾーンなどの部分にも使いやすく、サラサラ&ツルツルの肌をキープしながら、使うほど肌バランスが整い、バリア機能は強化されていく。GUERLAIN (ゲラン) は2019年にユネスコと養蜂においてパートナーシップを締結したり、化粧品の素材調達ではキー成分のひとつであるアボカドに関して、熱帯雨林の保護に力を入れている業者より購入するなど、サステナブルな活動に注力している。

3. 泡立て不要、クリーン&シンプルな洗顔 | ベアミネラルのジェル クレンザー

bareMinerals ピュアネス ジェル クレンザー 120㎖ ¥3,000

“クリーンビューティ” をいち早く提唱してきた bareMinerals (ベアミネラル) の新しい「ピュアネス」ラインは、ジェルタイプの洗顔料とモイスチャライザーのシンプルな2ステップで完結。洗顔料は泡立て要らずで、適度な厚みのジェルが、摩擦の負担を抑えながら、なじませるだけで汚れを浮かせてオフ。乾いた肌、濡れた肌のどちらに使えるのも嬉しい。成分は、ミネラルたっぷりのココナッツやウチワサボテンをはじめ、必要最低限の15種類のみで構成。

4. 毛穴、皮脂、赤み……まとめておまかせ | エムアイエムシーの美容下地バーム

MiMC ミネラルイレイザーバーム カラーズ 02 グリーン ¥5,800

MiMC (エムアイエムシー) の人気の美容下地バームに、コントロールカラー機能を追加した新バージョンが登場。オーガニックセルロースパウダーが、毛穴をカバーしながら日常の紫外線から肌を守り (SPF20 PA++)、余分な汗や皮脂を吸収。さらにグリーンの補色効果で、気になる赤みやスポッツをカバー。部分使いもいいけれど、肌の透明感も高まるので、ファンデーション前の仕込みとして全顔にのばしてしまいたい。石けんでメイクオフOK。

5. まなざしにもグリーンの透明感 | セルヴォークのアイカラー

セルヴォーク インフィニトリー カラー EX09 シーグリーン (限定発売中) ¥3,200

天然由来にこだわった成分チョイス×モードな発色の絶妙なさじ加減で、時代の旬をキャッチ&リリースする Celvoke (セルヴォーク)。今季はいつもよりバリエーションを広げたカラーがずらり、といっても肌色に溶け込むようになじむニュアンス発色なので、さりげない印象チェンジが楽しめる。気になるグリーンは、定番人気のフェイスカラーの限定新色からチョイス。おすすめは、まぶた全体のベース使用。赤みを飛ばしながら、目元の透明感を底上げ。

6. 自分色にカスタム&刻印 | ビュリーのリップバーム

Officine Universelle Buly ボーム・デ・ミューズ 各¥4,600

オーガニック植物由来成分をふんだんに組み合わせた、Officine Universelle Buly (オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー) のリップバーム。おしろい箱のようなケースに入り、さらにベルベット製のポーチまでセットになった、まるでお守りのような佇まいが、懐かしい時代の化粧の所作を誘うよう。ケースのレザーペーパーは、春の新5色を含む全11色からチョイス可。ゴールドの刻印を加えて、自分だけのオリジナルにカスタムして。

7. その名も「グリーン」なヴィーガンネイル | マニキュリストのネイルカラー

manucurist グリーン ナチュラルネイルカラー (左から) シーグリーン、グリーンガーデン、カライブ 各15㎖ ¥2,200

天然由来成分配合率が最大84%、ヴィーガン認証も取得しながら、独特のカラーレンジにファッション的センスが光る manucurist (マニキュリスト)。数々のトップメゾンで働いた経験を持つ Gaëlle Lebrat Personnaz (ガエル・ルブラ=ペルソナージュ) が手がけるフランス発のブランドだ。石油系溶剤を使わない代わりに、主成分はポテトやコーン、コットン、小麦などが由来。環境に優しい上に速乾、色持ちも従来のネイルに引けを取らない仕上がり。使わない手はない。

 

 

share