Interview With Erika Linder

PORTRAITS | Oct 2, 2017 9:00 PM
性別を超えた美しさでジェンダーの境界線を揺るがし、ユニセックスなモデルとして活躍するトップモデル Erika Linder (エリカ・リンダー) の映画初主演作となる『アンダー・ハー・マウス』が公開する。自身の個性をを生かし、本作で新たなステップへと踏み出した Erika Linder にメールインタビューを敢行した。

*You’ll find the English text after the Japanese.

©︎ Heather Kemesky

©︎ Heather Kemesky

性別を超えた美しさでジェンダーの境界線を揺るがし、ユニセックスなモデルとして活躍するトップモデルの Erika Linder (エリカ・リンダー) の映画初主演作となる『アンダー・ハー・マウス』が10月7日(土)より公開する。トップメゾンのランウェイやキャンペーンビジュアル、ファッション誌などにモデルとして挑戦し、幅広い分野で活躍している Erika Linder。その端正な顔立ち、スタイルは多くの人々を惹きつけ、ジェンダーレスモデルという唯一無二のポジションを獲得している。

出会った瞬間に恋に落ちていく2人の女性の姿をエモーショナルに描いた本作は、監督の April Mullen (エイプリル・マレン) をはじめ、プロデューサー、脚本家といった現場スタッフのみならず、ポストプロダクションのスタッフもすべて女性スタッフという今の時代を象徴した意欲作。監督は、「女性の視点で描かれ、これまでに誰も見たことないような映画をつくりたかった」と狙いを明かし、「オール女性スタッフでつくるとどう違いが出るのかずっと考えてきたのですが、たどり着いた答えは “透明性” だと思う。女性は男性に比べて壁がなく、観客との間の壁も分厚くないと思うんです」と語っている。

Erika Linder が演じるのは、夜ごと違う女性と関係を持つ奔放な日々を送りながら、自身の居場所を探している大工のダラス。Natalie Krill (ナタリー・クリル) 演じるキャリアウーマンのジャスミンと出会い、互いに激しく求めあってゆく…。自身の個性を生かし、本作で新たなステップへと踏み出した Erika Linder にインタビューを敢行した。

 

—これまでアンドロジナスモデルとして、唯一無二の活躍をされていたあなたが、女優として本作に関わることになったきっかけや経緯を教えてください。

事務所が送って来た脚本を読んで、この作品に恋に落ちたんです。最低でも7回のオーディションに参加したので、この役はただ私に与えられたわけではありませんでした。控えめに言ったとしても、かなりのプレッシャーでしたね。最後のオーディションの後、ほとんど2ヶ月ぐらいは連絡が無かったんです。何か違うことをして、自分のキャリアをもう一段階別のレベルへ持っていきたかったのもありますし、私は男性モデルや女性モデル、そしてハイファッションも担当しましたので、完璧なタイミングでした。

—あなたの演じたダラスはとても奔放で、大胆です。役柄と自身の内面的な共通点はありましたか?

そうでもありませんでした。ダラスと私は、色んな面でとても違うと思っています。彼女はタフな外見を維持しようと努力し、周りの人たちを丁寧に扱わない。どうしたら自分らしく生きられるのかを知らない、つまり、愛に対してオープンではなく、自分の気持ちを簡単に見せないんですね。でも、ジャスミンに出逢い一目惚れしたことで、自分のガードを下げるんです。ダラスと私にそんなに共通点が無くても、役柄や彼女の望み、行動を理解していればいいのです。それこそが、良質でリアルな演技への鍵なのだと思います。

 

『アンダー・ハー・マウス』

 

—劇中でギターを弾いているシーンがありましたが、もともと楽器はされていたのですか?

はい、幼い頃からギターを弾き始めました。十代の頃は、ギターを弾くことと曲を書くことにかなりの興味があり、その後何個かのバンドにも参加していました。

—ジャスミンの「男になりたかった?」という質問に「自由になりたかった」と答えるシーンが印象的でした。ジェンダーレスという希少なポジションでミステリアスな雰囲気を持つあなた自身同じように考えることはありますか?

私は自由に育ちました。誰も私に、着る服や行動に関してあれこれ言ってくる人もいなかったので、ダラスと私の環境は違いました。私は、自分の性的趣向や性格について他人がどう見るかということに関してあまり考えません。いつも我が道を行っていますし、自分らしくいることによって、今の私がいるのだと思います。多くの人々がそんなにラッキーではないことも知っていますし、気の毒に思いますが、それが問題になってはいけないと思います。

—今回はスタッフもみな女性で撮影が行われましたね、このような官能的な作品において独特な環境だと思います。現場の思い出などはありますか?

撮影現場はとても素晴らしかったです。私は、女性はかなり感情的なレベルでお互いに理解し合い、そして物語や感情にとても共感することができると思っています。全員が驚くほど礼儀正しくて、Natalie Krill と私が安心できるよう望んでくれていました。皆すごく仲良くなりましたし、大きな家族のような感じです。

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

—監督の April Mullen との仕事はいかがでしたか?

彼女は素晴らしい女性で、一緒にいると面白いですし、楽しく、理解力に長けた人だと思います。これが私のデビュー作ということもあり、指示の出し方も素晴らしく、私や役柄へのサポートも細かくしてくれました。監督のおかげで、この役柄になりきり、表現しなければならないダラスらしさを見出すことも難なくできました。彼女はとても若くて働き者なので、尊敬しています。

—女性の創るセクシュアルな作品というのは、男性のエゴがなく、とても刺激的で、かつとてもピュアに感じました。今回の作品に参加して、男女の性の捉え方について違いなど感じましたか?

まず、私たちがこの映画を撮り、全員女性スタッフで対応したいとなった時、この男性優位の業界が、必ずしもカメラの後ろに一人又は数人の男性がいなければならないというわけではないということを証明すること以上のものがありました。それは、女性を力づけることでした。

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.

1/7

—モデル、役者と活動を広げていますが、今後やってみたいことはありますか?

アーティスト生活をしていると、次に何が来るかはわからないんです。いつも物事がどうなって欲しいかや、何をやりたいかというビジョンはありますが。自分で行動を起こして、一生懸命やらなきゃなりませんね。今は、女優として、そしてアーティストとしての仕事に集中しています。生き方自体が、私の次の、そして現在進行中の挑戦になります。

—この数年、コレクションブランドが男女のショーを統合したり、ユニセックスアイテムの打ち出しが増えてきました。そのようなファッション界の展開について感じることはありますか?

ファッションは、男女両方の性格を併せ持つことと、男女混合の服で遊んできた唯一の業界です。私は、それは素晴らしいことだと思いますが、最近は皆が自分をアンドロジナス (性別を超えた存在) だと思っているような気がします。

©︎ Heather Kemesky

©︎ Heather Kemesky

<プロフィール>
Erika Linder (エリカ・リンダー)
1990年、スウェーデン生まれ。若き Leonardo DiCaprio (レオナルド・ディカプリオ) を彷彿とさせる端麗な姿でモデルデビューを飾ると、中世的な魅力で瞬く間に世界から注目を集める。キャリアとしては、2013年 Katy Perry (ケイティ・ペリー) のMV「Unconditionally」に出演、2015年Tom Ford (トム・フォード) の「LIPS & BOYS」広告で男性モデルを務めたことが話題に。近年は、Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) のショーに出演、Bruce Weber (ブルース・ウェーバー) 撮影による2016年秋冬コレクションの広告にも起用され、Steven Meisel (スティーヴン・マイゼル) と Michel Comte (ミッシェル・コント) の撮影でイタリア版『VOGUE』ほか『ELLE』をはじめとする多くの世界的ファッション誌で活躍し、唯一無二のユニセックスのイメージをもつモデルとして輝かしいキャリアを築いている。本作が映画初主演作になる。

©︎ Heather Kemesky

©︎ Heather Kemesky

-You’ve been successful as one and only androgynous model so far. How did you get to act in this film?

My agency sent me the script and I read it and fell in love with it. I went in for at least 7 auditions in the process so the role wasn’t just given to me. It was a lot of pressure to say the least. They wouldn’t let me know that I got it until almost 2 months after my last audition. I wanted to take my career to another level by doing something different. I had done male modeling and female modeling and high fashion so it was perfect.

—Dallas is free-spirited and bold.  Did you have any inner common points between you and the role?

Not really. Dallas and I are very different in a lot of ways. She tries to maintain this tough facade and kind of treats her surroundings poorly. She doesn’t really know how to live her life authentically to a certain extent, meaning that she’s not open to love and won’t let her feelings show that easy. She lets her guard down when she meets Jasmine and it’s love at first sight. Even if Dallas and I don’t have a lot in common, you have to understand the character and her needs & actions. That’s the key to a good and believable performance, I think.

—There’s a scene which you play a guitar in.  Have you always played a guitar (musical instrument)?

Pretty much. I started playing when I was really young. As a teenager I got super into playing and writing music. I was in a few bands growing up as well.

—The scene in which you replied “I just wanted her (Mom) to let me be.”, answering Jasmine’s question of “Did you want to be a boy?” was memorable.  You are in the rare position as a gender-less model and also have a mysterious atmosphere.  Have you thought about the way like Dallas in the scene?  Please tell us what you think about the way people see you in and also about the sexual constraint.

I grow up freely. Without anyone telling me what to wear or to act more like this or that. So it was a different experience for me than it was for Dallas. I don’t really think about how people view me as in my sexuality or my personality. I’ve always just gone my own way, and I think that that’s why I’ve gone so far by just being myself. I know that a lot of people aren’t that lucky and it makes me feel bad. It shouldn’t be a problem.

—I heard that the film was shot with all-female staff.  It should be a distinctive environment to shoot this kind of sensual film.  Please tell us your unforgettable memories while shooting.

It was amazing. I feel like women understand each other on a very emotional level and can relate a lot to scenarios and feelings. Everyone was super respectful and wanted Natalie and myself to feel safe. Everyone became really close and like a big family.

—How did you feel about working with Director April Mullen?

She is great and funny to be around. Very pleasant and understanding. Since it was my first ever feature film, she was great at giving directions and was very supportive of me and my character. Working with her made it easy for me to get into character and find the authenticity in Dallas that was required. She’s young and hardworking and I admire that.

—I thought the sexual film that women created was very sensational and also very pure without men’s ego.  Did you feel any differences on the perceptions/views between women and men while you were shooting the film?

first off, when we shot this film and they wanted and all female crew, it was more about showing that this male dominate industry doesn’t necessarily need a man or several behind the camera. It was to empower women.

—You are expanding your career by doing modeling and acting. What’s your next challenge?

Living an artist life, you never know what’s coming next. I’ve always had a vision of how I want things to be and what I want to do. You gotta make things happen and work hard. Right now I’m focusing on my craft as an actor and as an artist. Life is my next and ongoing challenge.

-In the past few years, collection brands (high fashion brands) sometimes coordinate men and women’s fashion shows together and launch more unisex items than before.  What do you think about the development in the fashion business?

Fashion has always been the one industry to play around with androgyny and mixed men’s and women’s clothing. I think it’s great but nowadays I think everyone sees themselves as androgynous.

<Profile>
Erika Linder was born on May 11,1990 in Sweden. She is a model and actress. She is known as an androgynous model for modeling both male and female clothing. In 2016, she starred in the film Below Her Mouth.

作品情報
タイトル アンダー・ハー・マウス
原題 Below Her Mouth
監督 April Mullen (エイプリル・マレン)
脚本 Stephanie Fabrizi (ステファニー・ファブリッツィ)
製作 Melissa Coghlan (メリッサ・コフラン)
出演 Erika Linder (エリカ・リンダー)、Natalie Krill (ナタリー・クリル)、Sebastian Pigott (セバスチャン・ピゴット)
配給 シンカ
製作国 カナダ
製作年 2016年
上映時間 92分
HP underhermouth.jp
 ©︎ 2016, Serendipity Point Films Inc.
10月7日(土) より、シネマート新宿、シネマート心斎橋他全国順次公開
Related Articles

Connect with The Fashion Post