history of VALENTINO

1960年にヴァレンティノ・ガラヴァーニとビジネスパートナーのジャンカルロ・ジャンメッティがイタリア・ローマで設立。

VALENTINO

Valentino was founded in 1960 in Rome, Italy by Valentino Garavani and his business partner Giancarlo Giammetti. Valentino was born in Voghera, Italy on 1932. He studied fashion design in Milan on 1949, at the Chambre Syndicale de la Couture Parisienne. After graduation, he had multiple internships in various couturiers such as Guy Laroche, then founded his brand in Rome. In 1962 the first collection was shown at the Pitti Palace, Florence, then gaining high reviews in 1968 for his “White Collection”. The brand’s iconic red dress is known as “Valentino Red”, popular for it’s glamorous look. After Valentino’s retirement in 2008, Pierpaolo Piccioli is now the brand’s creative director.

1960年にヴァレンティノ・ガラヴァーニとビジネスパートナーのジャンカルロ・ジャンメッティがイタリア・ローマで設立。ヴァレンティノは1932年北イタリア・ヴォゲーラ生まれ。1949年にミラノでファッションデザインを学び、翌年パリのシャンブル・サンディカル・ド・ラ・オートクチュールに入学、服づくりを学んだ。卒業後クチュールメゾンやギ・ラロッシュなどで経験を積んだ後ローマで創業。1962年にフィレンツェのピッティ宮殿にてファーストコレクションを発表し注目を集める。1968年には「ホワイトコレクション」を発表し高い評価を得る。また華やかで気品のある赤いドレスには定評があり「ヴァレンティノ・レッド」と呼ばれ、ブランドを象徴するドレスとして人気が高い。2008年にヴァレンティノが引退。現在はピエールパオロ・ピッチョーリがクリエイティブ・ディレクターとしてコレクションを手がける。

設立年 1960
本社 Milan, Italy
クリエイティブ・ディレクター ピエールパオロ・ピッチョーリ
ウェブサイト www.valentino.com
SNS

Timeline

1932

ヴァレンティノ・ガラヴァーニが北イタリア・ヴォゲーラに生まれる

1949

ヴァレンティノ・ガラヴァーニがミラノでファッションデザインを学ぶ

1950

ヴァレンティノ・ガラヴァーニがパリのシャンブル・サンディカル・ド・ラ・オートクチュールに入学

1960

ヴァレンティノ・ガラヴァーニとジャンカルロ・ジャンメッティがイタリア・ローマで設立

1962

フィレンツェのピッティ宮殿にてファーストコレクションを発表

1968

「ホワイトコレクション」を発表する

2008

ヴァレンティノ・ガラヴァーニが引退

2016

ピエールパオロ・ピッチョーリがクリエイティブ・ディレクターに就任

2018

2019年プレフォールコレクションのショーを東京で開催

share