sponsored
chanel
with mizuki kayashima

茅島みずきが着るシャネル、クルーズの風そよいで vol.2

chanel
with mizuki kayashima

model: mizuki kayashima
photography: shunya arai
styling: ayaka endo
hair: yusuke morioka
make up: nobuko maekawa
text & edit: manaha hosoda

創業者 Gabrielle Chanel (ガブリエル・シャネル) とも親交の深かった Jean Cocteau (ジャン・コクトー) による前衛映画『オルフェの遺言』の舞台でもあり、“光の採掘場”と呼ばれる南フランス・レ ボー=ドゥ=プロヴァンスの歴史あるキャリエール ドゥ リュミエールを舞台に発表された2021/22年クルーズ コレクションでは、60年代のモダニティとパンクをベースに Virginie Viard (ヴィルジニー・ヴィアール) のフレッシュな息吹が吹き込まれた。

陽の光を浴びてさらに輝きを増す最旬ルックを、瑞々しい透明感と凛とした眼差しが印象的な注目の女優・モデルの茅島みずきが着こなす(第2回/全3回)。

chanel
with mizuki kayashima

茅島みずきが着るシャネル、クルーズの風そよいで vol.2

トップス ¥364,100、パンツ ¥407,000、シューズ ¥238,700、サスペンダー¥338,800、ベルト¥155,100、バングル 各¥103,400/すべて CHANEL (シャネル)

ロマンティックな気分を盛り上げるクロシェ編みのコットンニットのセットアップも、CHANEL の手にかかるとブラック&ホワイトのバイカラーでシックかつモダンな仕上がりに。クロップド丈からさりげなく覗く肌見せのバランスに乙女心をくすぐられる。注目したいのは、コーディネートにパンクなエッセンスを効かせるアクセサリー使い。ウエストをマークするベルトをドッキングさせたサスペンダーには、メゾンを象徴するチェーンのモチーフを。さらに、バックル部分にキルティングパターンをあしらったベルトは、開閉可能なジップで遊び心を演出。軽やかに、そして大胆にメゾンのコードを新しい時代へと繋いでいく Virginie Viard の CHANEL に魅せられる。

share