Talk from Home:
toshiaki toyoda

【クリエイターたちはいま】 vol.6 豊田利晃

「最近、こんな感じ?」(本人撮影)

Talk from Home: toshiaki toyoda
Talk from Home: toshiaki toyoda
News/

【クリエイターたちはいま】 vol.6 豊田利晃

toshiaki toyoda

全世界で自粛生活が長引く中、クリエイターたちは何を考えて、どのように過ごしているのか。連載形式でお届けする「Talk from Home – クリエイターたちはいま」。映画監督・豊田利晃が4年もの歳月をかけて小笠原諸島を撮影した最新作『PLANETIST (プラネティスト)』は当初4月11日に公開を予定されていたが、新型コロナウイルスの影響により7月11日に公開日が延期された。

—現在の1日のスケジュールを教えてください。

毎日違いますが、昨日は朝6時起床、顔を洗い、珈琲を呑みながら、仕事。夕方に都内へ鍼治療。友人と会い焼き鳥屋で打ち合せ。事務所に戻り、事務作業。帰宅して読書。その後、夢の中へ。

 

—緊急事態宣言発令後、いちばん変わったことはなんですか?

旅行に行けなくなったこと。

 

—今自宅でしている、いちばんクリエイティブなことはなんですか?

映画の脚本を書いています。

 

—コロナ収束後、まずやりたいことはなんですか?

映画の撮影。

 

—コロナ収束後の未来は、どのようになると思いますか?

ウイルスへの恐怖心がなくなるには時間がかかると思います。人が集まることへのガイドラインが求められ、避ける人は増えるでしょうね。しかし、新しい道ができることも必然のように現れると思います。

 

—パンデミックについて、どのように考えていますか?

自然界には疫病はいつもあります。古くから疫病退散の祭りも沢山あります。疫病と共に生きる、そして死ぬことは自然の中で生きる人々にはずっとありました。そのことを考えてます。

 

【豊田利晃最新作『破壊の日』クラウドファンディング開催中】
公開予定日である7月24日まで、クラウドファンディングとともに製作・撮影される豊田利晃監督の新作映画『破壊の日』。締め切りは6月5日まで。
詳細はコチラ

share