yume ippei photo exhibition 'dreams and days' at The Lobby Tokyo

写真家・夢一平の個展「DREAMS AND DAYS」が開催、エビマヨでたどる人生行路

yume ippei photo exhibition 'dreams and days' at The Lobby Tokyo
yume ippei photo exhibition 'dreams and days' at The Lobby Tokyo
News/

写真家・夢一平の個展「DREAMS AND DAYS」が開催、エビマヨでたどる人生行路

yume ippei photo exhibition 'dreams and days' at The Lobby Tokyo

夢一平。またの名を ”小林くん” は、写真家・鈴木親の右腕としても知られる存在。「ファッションやアートといった人間の文化的側面の写真でなく、人間の生物的な部分/セックスを中心に長年写真を撮ってきた小林くん。今回の展示は、食事という、性行為よりもっと生物的なアプローチをとっている。生きているということがどういうものかを、人と人が交わり辛くなった時代になったからこそ、より強く提示していると思う」 (鈴木親)

夢一平にとって約2年ぶり2回目となる個展「DREAMS AND DAYS」。彼はここ数年、同タイトルのもとで作品を撮り続けてきた。うち、今回の展示に向けて選んだのは、「友人たちと赤羽でエビマヨを食べた数時間」の写真だ。

夢はいう。「初めて入った中華屋で食べたエビマヨがめちゃくちゃ美味しくて、みんなで11皿くらい食べました。気づいたら1000枚以上写真を撮っていました。エビマヨを撮ったというより、エビマヨを通して人生行路を撮りました」。今回展示するのは、その1000枚から選りすぐった11枚。「被写体の中に、ユウ君というモデルもやっている男がいます。彼のエビマヨを食べている姿には、全盛期のマイク・タイソンのワンツーを見ているような美しさと生命力を感じます。僕が最近、最も感動した瞬間です」。

夢一平にとっての夢 (=写真、エビマヨ) の世界を写した個展「DREAMS AND DAYS」。会期は10月25日〜11月1日の1週間、アイウェアブランド YUICHI TOYAMA.のショールーム「THE LOBBY TOKYO」(代官山) にて開催。

share