maison margiela
Spring Summer 2021 'co-ed' collection

「Co-Ed (コー・エド)」 という概念が導く未来 vol.3 Transparent

maison margiela
Spring Summer 2021 'co-ed' collection

photography: tomoyuki kawakami
styling: riku oshima
hair & make up: taro yoshida
model: ali tillman, matthew, muhanad
text: miwa goroku
edit: manaha hosoda

「Co-Ed (コー・エド)」 は、Maison Margiela (メゾン マルジェラ) のクリエイションの頂点に位置する 「Artisanal (アーティザナル)」 と称するオートクチュールにおいて、クリエイティブ・ディレクターの John Galliano (ジョン・ガリアーノ) が提起するアイデアや技術がプレタポルテとして具現化された男女共通のライン。メゾン独自のナンバリング・システムに加わりながらもナンバーを持たず、真っ白なラベルで区分されている。
ジェンダーレスをコンセプトに掲げるが、たとえばシェアやミニマルといったワードにも置き換えられる近年のユニセックスウエアのムードとは根本から何かが違う。つながり、コミュニティ、協調すること…… 二項を対立させることなく 「Co-Ed」 がスポットを当てるのは、透明性や包含性だ。タフな時代を生きる私たちが今、持つべきものはなんだろう。「Co-Ed」 はそのアーティスティックなクリエイションのプロセスを明らかにすることで未来へと続く答えを示し、検証する。(第3回/全4回)

maison margiela
Spring Summer 2021 'co-ed' collection

「Co-Ed (コー・エド)」 という概念が導く未来 vol.3 Transparent

(左) ケープ ¥458,700、トップ ¥41,800 (右) ケープ ¥458,700、ドレス ¥216,700 (参考価格)/すべて Maison Margiela (メゾン マルジェラ)

ケープ ¥458,700、フェイスマスク ¥38,500、シューズ¥146,300(参考価格)/すべて Maison Margiela (メゾン マルジェラ)

ケープ ¥458,700、ドレス ¥216,700 (参考価格)/ともに Maison Margiela (メゾン マルジェラ)

透明な「タビ」シューズ ¥140,800、ドレス ¥929,500/ともに Maison Margiela (メゾン マルジェラ)

ここ2シーズン、Maison Margiela は、あらゆるものに「透明性」を与える試みを重ねてきた。メゾンのアトリエ内部の様子を映像で伝え、制作のプロセスを公開し、そこから生まれるのは見た目にも 「透明性」 を備えた服やアクセサリーだ。透ける素材を重ね合わせることで、その内部構造があらわになり、見えていなかったものに光が当たりはじめる。アイコンの 「タビ」 シューズも、クリアな素材でつくられている。

不確実で不透明な時代の内に溜め込まれたエネルギーを解放するかのように、差し込まれた鮮やかな赤のカラーリングが印象的。炎のように毛先を揺らすフェザーをたっぷり施したケープが今季、真っ赤に染められた。

 

「S.W.A.L.K. II」 日本エクスクルーシブ映像 〜The Transparent Tabi

S.W.A.L.K. II」 の未収録映像を、TFP エクスクルーシブで特別に公開。全4回にわけて、クリエイティブと制作プロセスを捉えたシーンをお届けする。

今回フィーチャーするのは、「タビ」 の新作パンプスとダービーシューズ。コレクションでは、編み上げのギリーシューズをイメージしてつくったシフォンのソックスと重ねて履くスタイルを提案。クリアな TPU 素材の 「タビ」 シューズから、ソックスのシフォンが透けて見える。

「タビ」 は 1989年春夏コレクションに初めて登場して以来、時代とともに歩み続けているメゾンのアイコンシューズだ。毎シーズン、さまざまな素材やフォルムでアップデートされ、John Galliano が提起するコードと交わりながら進化を重ねるこのジェンダーレスシューズは、今年も新たな解釈のもとでメゾンの革新性を象徴する存在である。

share