INTERDIFFUSION A tribute to
Yoshi Wada
to be hold in yomanashi

ドローン音楽のパイオニア、ヨシ・ワダのトリビュートコンサートが開催へ

INTERDIFFUSION A tribute to Yoshi Wada to be hold in yomanashi
INTERDIFFUSION A tribute to Yoshi Wada to be hold in yomanashi
News/

ドローン音楽のパイオニア、ヨシ・ワダのトリビュートコンサートが開催へ

INTERDIFFUSION A tribute to
Yoshi Wada
to be hold in yomanashi

1960年代後半からニューヨークを拠点に活動し、ドローン音楽の世界的なパイオニアのひとりとして知られるヨシ・ワダこと和田義正。2021年5月に逝去した同氏のトリビュートコンサートが12月18日(土)に山梨県北杜市にて開催される。

ヨシ・ワダは、1943年京都市生まれのアーティスト。京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)で彫刻を学んだ後、1967年に渡米。George Maciunas (ジョージ・マチューナス) との偶然の出会いから Fluxus (フルクサス) のコミュニティに参加し、活動を開始。70 年代初頭、歴史的なミニマル作曲家である La Monte Young (ラ・モンテ・ヤング) やインド古典声楽の師範である Pandit Pran Nath (パンディット・プラン・ナート) などに師事。一方、配管パイプにマウスピースをつけたパイプホルンをはじめとする楽器創作やそれらを用いた作曲に着手し、作曲と楽器創作の両輪で活動を展開。5メートルを超えるアースホルンと呼ばれる低音持続音発生機や改造バグパイプ、自作のパイプオルガンなどを用いたドローン音楽の作品は、コンサートとして発表されながらも、長時間演奏し続けることで時間の感覚を変調させていく実験的要素を含んだインスタレーションの側面も。

ニューヨークで多くの実績を積みながらもアーカイブは少なく、近年までヨシ・ワダは知る人ぞ知る現代音楽家だったが、2007 年から 2012 年にかけて、一連のアーカイブが大阪拠点のレーベル「em records (エム・レコード)」と実験音楽専門レコード屋の「Omega Point (オメガポイント)」により共同リリースされ、世界的に高い評価を集めた。以降、ヨーロッパやアメリカなどで再度頻繁にコンサートを行うようになり、亡くなった2021年5月には同氏の最高傑作とも言われる「The Appointed Cloud」の初レコード化がアナウンスされたばかりだった。

今回のトリビュートコンサートでは、ヨシ・ワダから多大な影響を受け、日本を拠点にしながら世界を舞台に活動するふたりの現代音楽家、日野浩志郎(goat/YPY)と FUJI|||||||||||TA (フジタ) が登場。ヨシ・ワダから得たインスピレーションを出発点とし、演奏に嵐田紀子(サックス)、石原只寛(サックス)、カメイナホコ (サックス)、竹内理恵(サックス)、立石雷(篠笛・パーカッション)、富田真以子(パーカッション)、中川裕貴(チェロ)、甲斐宣明(音響)の8名を迎え、山梨県北杜市の特設会場を舞台に新作のコンサートピースを発表する。

「INTERDIFFUSION A tribute to Yoshi Wada」 は、12月18日(土)に)12:00 open / 13:00 start と 16:30 open / 17:30 start の 2 公演で開催。各公演限定80名となっており、現在コチラよりチケットを購入可能だ。

share