Jonathan William Anderson
Jonathan William Anderson

ファッションデザイナー・Jonathan William Anderson (ジョナサン・ウィリアム・アンダーソン) インタビュー

Jonathan William Anderson

Portraits/

瞬く間にロンドンを代表するデザイナーとして成長した Jonathan William Anderson (ジョナサン・ウィリアム・アンダーソン)。2012年度ブリティッシュ・ファッション・アワードで新人賞を受賞し、今後の活躍が期待されている。10年からはイギリスの老舗肌着ブランド、Sunspel (サンスペル) のクリエイティブ・ディレクターも務め、最近では Topshop (トップショップ) とコラボレーションしたカプセルコレクションも披露。今回は、最新コレクションやインスピレーションなどについてアンダーソンに話を聞いた。

ファッションデザイナー・Jonathan William Anderson (ジョナサン・ウィリアム・アンダーソン) インタビュー

*You’ll find the English text after the Japanese.

Photography: Thomas Lohr

Photography: Thomas Lohr

瞬く間にロンドンを代表するデザイナーとして成長した Jonathan William Anderson (ジョナサン・ウィリアム・アンダーソン)。2012年度ブリティッシュ・ファッション・アワードで新人賞を受賞し、今後の活躍が期待されている。10年からはイギリスの老舗肌着ブランド、Sunspel (サンスペル) のクリエイティブ・ディレクターも務め、最近では Topshop (トップショップ) とコラボレーションしたカプセルコレクションも披露。今回は、最新コレクションやインスピレーションなどについてアンダーソンに話を聞いた。

まず初めに、今回のレディスコレクションについてお尋ねします。どのようなアイデアから生まれましたか?

ブロックを積み上げて建築物を構築し、ニット素材やソリッドな建築物からラッフルが現れるというアイデアです。その後、立体的なものや質感のあるものに再解釈したプリントを施します。コレクションのタイトルはThe Treatment Roomで、メンズウェアとレディスウェアの融合から生まれるモダンさを表現していますし、ビブ付きポケットのテーラードパンツも今シーズンのコレクションを象徴していると思います。最初の5つのアイテムから新しいメッセージを感じ取ることができるでしょう。

自身の特徴的なデザインやコンセプト、デザインに対するこだわりについてはどう思いますか?

スタイルをシリーズ化することです。自分の信念を貫き、妥協することなく、自分ならではのスタイルを積み重ねています。伝統工芸とモダンデザインとのギャップを埋め、男女間でシェアできる均一的な洋服をデザインすることを考えてい

—ブランドを始める以前は、演劇を学び、またスタイリストとしてのキャリアも積んでいましたが、それらが現在の仕事にどのような影響を与えていますか?

演劇のリアリズムやドラマ的思想から確実に影響を受けています。ショーは表現する場であり、洋服はリアルでなければなりません。

—ブランド設立当初と現在を比較して、デザインへの取り組み方に違いはありますか?

そうですね、特にレディスのシルエットへのこだわりが強くなったように感じます。また、前衛的な考え方や商業的なコレクションの組み立て方についても沢山学ぶことができました。

—メンズウエアやレディスウエア、Sunspel、Topshop など、それぞれのデザインアプローチに違いはありますか?

コレクションを構成するという点では違いはありません。すべては継続的な対話と共感によってデザインされています。全コレクションを通して、斬新でモダンでありながらも最終的にはリアルなもの制作することを目指しています。次から次へと流れのあるコレクション作りができればおもしろいと思います。そのため、サンスペルとトップショップでの仕事は J.W.Anderson にも役立っており、お互いにサポートし合っています。

ファッションデザイナーとして、ロンドンはどのような環境ですか?

常に進化し続けるところから良い影響を受けています。自由と多角的な視点を誘発するような、クリエイティブな街に住むことができてうれしく思っています。

—今後の活動について教えてください。

引き続き、現在担当しているブランドのコレクションをさらに進化させることです。挑戦し続け、世界的に知名度を上げることを目指しています。

<プロフィール>
Jonathan William Anderson (ジョナサン・ウィリアム・アンダーソン)
1984年9月17日、北アイルランド生まれ。俳優としてキャリアを積むうちに舞台や舞台衣装に魅了され、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションにてメンズウエアを専攻。2005年に同大学を卒業後、08年にブランドを発表し、オフスケジュールにて初のメンズコレクションを発表。09年2月と9月には若手デザイナーによる合同展「ファッションイースト」のメンズショー「マン」にてコレクションを披露。10年2月からは若手支援プログラム「ニュージェン」の支援を受け、ロンドン・ファッション・ウィークで初の単独ショーを開催。ファンやメンズウエアの取扱先からの強い要望によって生まれたウィメンズウエアも同時期に設立され、2011-12年秋冬ロンドンコレクションの公式スケジュールショーに参加した際には「the break-through collection」として称賛された。2012年度ブリティッシュ・ファッション・アワードで新人賞を受賞。主な取扱先は、バーニーズニューヨークやブラウンズ、コレット、ドーバーストリートマーケットなどがある。

Winner of the prestigious Emerging Talent Award – RTW at the 2012 British Fashion Awards, J.W.Anderson is a hot name to watch in the world of fashion. Also working as the creative director of men’s heritage underwear label Sunspel since 2010, Anderson has most recently revealed his collaboration range with Topshop in September this year. The Fashion Post speaks to the brain behind the brand about the spring/summer 2013 collection and design influences.

—Tell us about the S/S13 womenswear collection. What has inspired you this season?

The idea of building up block architectures and ruffles coming from under knitted or solid architectures. Reinterpreting print into something that is 3-dimensional and textural. Titled The Treatment Room, I think the opening 5 looks make a very new statement. It encapsulates the modernity within the menswear meets womenswear look. Also, the deconstructed pocket trousers with the bibs.

Do you have a specific design concept? Is there any part of your philosophy towards design that will never change?

The idea of series of looks. You repeat a look in order to commit to a structure. Never compromise. The bridge between craft and modernity and the idea of a homogenous wardrobe that can be shared between a man and a woman.

 

Having studied drama and worked as a stylist, is there anything from your past experience that still ties into what you do today?

Definitely think within drama, the idea of realism and drama. Shows have to be shows, and clothing has to be real.

Have there been any changes in your thoughts on design or fashion between now and when you first started?

Yes, I think I’ve become a lot more focused in terms of building up a silhouette for women’s. I have learned a lot more of how to construct a forward thinking and commercial collection.

Do you take different approaches when designing menswear, womenswear, Sunspel or the Topshop range?

I find that all are about building up collections; it’s all about continual dialogue between all of them. That’s what makes it for me. They are all about creating something new and modern and ultimately have a reality to it. I like the idea of collections that bleed from one to the other. That’s why for example, Sunspel and Topshop help the work I do at J.W.Anderson. They all feed off one another.

What sort of environment is London for you as a fashion designer? What keeps you motivated?

The constant evolution. I like living in such a creative city which evokes freedom and a point of view.

—What direction would you like to take your work in the future? What’s next for you?

To continue the collections that were doing and to evolve them further.  To keep pushing and increase visibility worldwide.

<Profile>
Designer J.W.Anderson (Jonathan William Anderson) was born on the 17th September 1984. Originally from Northern Ireland, he is now based in London. After first pursuing a career in acting, he subsequently fell in love with stage costumes and went on to study menswear at the London College of Fashion, graduating in 2005. The label J.W.Anderson was launched in 2008 with a men’s collection and was subsequently shown as part of the Fashion East men’s initiative, MAN for two seasons in February 2009 and September 2009. From February 2010 (the AW2010/11 collection) JWA showed his men’s collection on schedule at London Fashion Week with the support of NEWGEN Men. At the same time a women’s capsule collection was launched at the behest of fans and stockists of the menswear. The women’s collections quickly achieved critical and commercial success and in February 2011 was shown on-schedule during London Fashion Week, where it was generally considered the break-through collection of the season. Winner of the Emerging Talent Award – RTW at the 2012 British Fashion Awards.

share