sponsored
etro
with hayato isomura

磯村勇斗が着るエトロ。特別なワードローブが導く、美しく新しい日常 vol.4

etro
with hayato isomura

model: hayato isomura
photography: masaki sato
cinematography: keigo yasuda
styling: sumire hayakawa
hair: masaki takada
make up: marino asahi
text: ryoko suzuki
edit: daisuke yokota

新しい服に身を包み、一歩外に出た時の感動といったらない。都会の街並みはおろか、近所の公園や幾度となく通った駅前の道すら、輝きに満ちた新鮮な風景のように思えるから不思議だ。今回、俳優・磯村勇斗が袖を通したのは、ETRO (エトロ) の2022年春夏メンズコレクション。それは、「喜びに満ちた恵みの旅」をテーマに、クリエイティブ・ディレクターのキーン・エトロが、ブランドのシグネチャーのひとつとも言えるノマディックスピリットを体現したもの。自由でフレッシュな彩りに満ちたスタイルは、エレガントでありながら、どこかリラックスなムードをも漂わせる。この春は、特別な服をデイリーに着てみよう。きっとその装いが、目の前の日常をドラマティックな一日へと導いてくれるはず。(第4回/全4回)

etro
with hayato isomura

磯村勇斗が着るエトロ。特別なワードローブが導く、美しく新しい日常 vol.4

ジャケット ¥286,000、 シャツ ¥146,300、 パンツ ¥163,900、シューズ *参考商品/すべて ETRO (エトロ ジャパン)

特別な予定がなくとも、特別な服を纏った瞬間から心が充ちてくる。だからなんて事ない一人の休日だって、ファッションを楽しまない手はない。今回磯村が着こなすのは、今季の ETRO メンズのランウェイで注目を集めたアイテムの一つである、ジオメトリックプリントのスーツ。トライバルなムードも感じさせるカーペット風の幾何学模様が配されている。ジャケットもボトムも、言わずもがな主役級のアイテム同士のコンビネーションながら、どこかリラクシーな気分を誘うのは、ボトムがいわゆるスラックスではなく、ドローストリングなパジャマパンツである点だろう。そんな抜け感とラグジュアリーさ併せ持つスーツのスタイルに奥行きをプラスしているのが、ETRO らしい品のあるペイズリー柄とヴィヴィッドなマルチストライプを組み合わせたシャツ。ジャケットを脱いでも様になるけれど、完璧なまま過ごしたい気持ちにさせてくれるベストなスタイリングだ。

share