Hailee Steinfeld
Hailee Steinfeld

女優・Hailee Steinfeld (ヘイリー・スタインフェルド) インタビュー

Hailee Steinfeld

Photographer: Yusuke Miyashita
Writer: Sakuya Konohana

Portraits/

2010年、14歳の頃にコーエン兄弟監督作『トゥルー・グリット』でアカデミー賞にノミネートされ、2011年には MIU MIU (ミュウミュウ) のキャンペーンに抜擢。2015年には歌手としてデビューシングル「ラブ・マイセルフ」などをヒットさせるなど大躍進中の Hailee Steinfeld (ヘイリー・スタインフェルド)。最新主演作『バンブルビー』の公開に合わせて来日した彼女に話を訊いた。

女優・Hailee Steinfeld (ヘイリー・スタインフェルド) インタビュー

・10年間で5本の続編が製作され、世界中で大ヒットシリーズとなった『トランスフォーマー』。生命を宿すことのできる「オールスパーク」という物質をめぐり、地球外生命体のトランスフォーマーたちが正義の軍団「オートボット」と悪の軍団「ディセプティコン」に分かれて戦いを繰り返す。だが、3月22日に公開された新作『バンブルビー』は戦いがメインストーリーではなく、あくまでもオートボットのバンブルビーと心に傷を抱えた少女、チャーリー・ワトソンが出会いお互いに成長していく高い物語性を打ち出した作品に仕上がっている。しかも、2007年に始まったシリーズの原点として1987年が舞台となった物語だから、前作シリーズを観ていなくとも充分楽しめるのだ。

誰もが通過する10代の悩みと成長をいきいきと演じ、観客に涙させたのは、今アメリカで最も期待されている若手俳優であり人気シンガーでもある Hailee Steinfeld (ヘイリー・スタインフェルド)。2010年、14歳の頃にコーエン兄弟監督作『トゥルー・グリット』でアカデミー賞にノミネートされ、2011年には MIU MIU (ミュウミュウ) のキャンペーンの顔を務め、2015年には歌手としてデビューシングル「ラブ・マイセルフ」などをヒットさせるなど、クロスオーバー・アーティストとして大躍進中の彼女にインタビューを行った。

 

『バンブルビー』

 

Photo by Yusuke Miyashita

Photo by Yusuke Miyashita

—『トランスフォーマー』シリーズのなかでも、一番ユーモアと人間性が感じられる作品に仕上っていますね。シリーズではいつも男性が主役でしたが、今作はヘイリーさんが演じる主人公の少女に加え、物語の脚本を書いた2人も女性です。

これほど大人気のシリーズ作品で初めての女性主役を演じさせてもらったのは光栄でした! 女性の活躍が叫ばれている昨今、こういった大役をいただいたのは本当に幸せです。

—シンガーやモデルとしても成功し多くのファンに愛されているヘイリーさんですが、ヘイリーさんが演じるチャーリーは自分の理解者である父親を亡くし、家族や学校でも居場所がない女の子ですよね。“普通の女の子” を演じるのは難しかったのでは?

自分自身が共感できないキャラクターを演じることは、私にとってとても難しいです。チャーリーはちょうど18歳になる女の子。一見、私自身とは全く違うキャラクターのように見えますが、彼女と私にはとても似ているところがあります。「家族や友達から理解してもらえない」「本当の自分を知ってほしい」「自分の声を聞いてほしい」など、本当の自分を見つけようともがくのは、思春期に誰もが通る道ですよね。もちろん、私にもそんな時期があったし、ひょっとしたらまだ本当の自分を見つけていないかも。「自分が何者であるのか?」「自分は何をすべきために生まれてきたのか?」という疑問は、ある意味、人生をかけて見つけるものかもしれないし、もしかしたら、正解のない問いかけかもしれません。チャーリーも私もこういった悩みを共有しているから、彼女は私自身でもあるかもしれません。

—チャーリーとバンブルビーの心の絆が物語の軸となっていますが、ヘイリーさんの人生には、バンブルビーのような相棒はいます?

本物のバンブルビーがいたらいいですよね。だって、移動が簡単になりません?(笑) ラッキーなことに私の人生には、バンブルビーのような相棒が何人かいます。数少ないですが、何年もずっと友達でいてくれる親友もいますし、私の兄もバンブルビーのような存在です。私にとって相棒とは、私がどんな状況にいても側にいて手をすっと差し伸べてくれる、忠実な友人。自分の話をよく聞いてくれる相棒って、人生の宝物ですよね。

© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.

© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.

—映画では音楽も非常に重要な役割を果たしていますが、ヘイリーさんが作詞をした「Back To Life (バック・トゥ・ライフ)」もエンディングソングとして使われています。

この曲を作るにあたり、まず映画の世界観を表現することを大切にし、詞も曲も80年代の雰囲気を出しつつ、ファンの心に響くよう現代的っぽさも入れました。私の大好きな作詞家とプロデューサーの3人で一緒に作ったこの曲には、2つのバージョンがあって、映画では80年代のバージョンが使われています。もう1つのバージョンはよりコンテンポラリーなスタイルで、映画のサウンドトラックやストリーミングから聴けるようになっています。コンサートではコンテンポラリー・バージョンのほうをよく歌っているかな。80年代のテイストがちょっぴり少ないほうが個人的には好きかも (笑)。とにかく、チャーリーを演じることができた上に、彼女の心の旅を音楽で表現できたことは本当に楽しかったです!

—劇中登場する80年代のレトロなファッション、アクセサリーや小物は本当に可愛らしいのですが、撮影現場から持ち帰ったものはありますか?

チャーリーが乗っていたモペッドをめちゃくちゃ持って帰りたかったですね!(笑) でも、そのまま乗って帰ろうとしたらバレちゃうし、車のトランクには入りきらないし……ということであきらめたんですが……(笑)。チャーリーが着ていたロックTも欲しいな、と今スタッフにお願いしている最中 (笑)。レンチを曲げて作った指輪やボルトの形をしたネックレスも欲しいです!

—クレーンを登るアクションシーンにも実際にトライしたとか。

そうそう、自分の肉体のキャパを超えるアクションシーンが大好きなんです! クレーンを登るシーン以外にも、バンブルビーが変身した動く車からチャーリーが飛び出るシーンとか。あのシーンは本当に何度も何度もやり直しをしたんですよ。テイクによってはドアを開けられなかったり、足が出ていなかったり……(笑)。あとは、ゴミ箱から転げ落ちるシーンも意外と難しかったかな。だって、ゴミ箱から転がり落ちる “正しいやり方” を知ってる人なんていないじゃないですか。限界を超えて自分をプッシュし続けること、役作りのために訓練したり演じたり、新しい音楽を作ったりすることは大変だけど、大好きなんです。

—コーエン兄弟監督の『トゥルー・グリット』(2010) 以来、俳優、モデル、シンガーとして目覚しい活躍をしているヘイリーさんですが、今後はどのように活動の幅を広げていきたいと思っていますか?

ちょうど今、19世紀の詩人、エミリー・ディキンソンの伝記物語である『Dickinson』という Apple のテレビシリーズを製作総指揮者としてプロデュースしているところなんです。主役のエミリーも演じましたが、プロデューサーはプロダクションの準備段階から企画を作り上げてまとめていき、ひとつの形にします。自分が心から共感する脚本を見つけ、企画を立ち上げて制作に一から携わる。こういった過程はとてもエキサイティングなので、今後はプロデュース業をもっと増やしていきたいし、いつかは監督業にもトライしてみたいと思っています。やらなきゃいけないことでいっぱいいっぱいの毎日ですが、これから数年間は自分がやってみたいことにもっとチャレンジし続けたいです。

Photo by Yusuke Miyashita

Photo by Yusuke Miyashita

<プロフィール>
Hailee Steinfeld (ヘイリー・スタインフェルド)
1996年12月11日生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身。14歳の頃にコーエン兄弟監督作品『トゥルー・グリット』(10)で彗星のごとく現れ、感動的な演技で Jeff Bridges (ジェフ・ブリッジス) と共にアカデミー賞にノミネート。2011年には、MIU MIU (ミュウミュウ) キャンペーンの顔を務め、タイム誌では2013年「最も影響力のあるティーン16人」にも選出される。さらに、2013年シネマコンにて「明日の女性スター」賞を受賞。2013年「マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞」も受賞した。2016年に主演した『スウィート17モンスター』では、コメディ/ミュージカルの女優賞としてゴールデン・グローブ賞にノミネート。ミュージシャンとしては、2015年デビューシングルの「ラブ・マイセルフ」以降、「スタービング」、「モスト・ガールズ」など数々の楽曲がプラチナレコード認定されており、現在までに世界中で合計20億ストリーム近くが配信されている。シングル「レット・ミー・ゴー」 では2017年アメリカン・ミュージック・アワードにてクロスオーバー・アーティスト賞を受賞した。

作品情報
タイトル バンブルビー
原題 Bumblebee
監督 Travis Knight (トラビス・ナイト)
出演 Hailee Steinfeld (ヘイリー・スタインフェルド)、John Cena (ジョン・シナ)、Jorge Lendeborg Jr. (ホルヘ・レンデボルグ・Jr.)
配給 東和ピクチャーズ
制作年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 114分
HP bumblebeemovie.jp
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.
3月21日 (木・祝) 先行上映 “緊急” 決定! 3月22日(金) 全国ロードショー
share