Proenza Schouler
Proenza Schouler

Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) デザイナー、Jack McCollough (ジャック・マッコロー) & Lazaro Hernandez (ラザロ・ヘルナンデス) インタビュー

Proenza Schouler

Portraits/

Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) のデザイナーに会える、そう聞いてはやる胸のうちを抑えながら向かったのは新宿の高層ビル群。NY のファッションシーンを牽引するスターデザイナーである2人のこと、さぞかし厳粛な人たちだろうと思いきや、通されたラウンジで佇む2人は驚くほどリラックスした様子で迎えてくれた。

Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) デザイナー、Jack McCollough (ジャック・マッコロー) & Lazaro Hernandez (ラザロ・ヘルナンデス) インタビュー

Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー) のデザイナーに会える、そう聞いてはやる胸のうちを抑えながら向かったのは新宿の高層ビル群。NY のファッションシーンを牽引するスターデザイナーである2人のこと、さぞかし厳粛な人たちだろうと思いきや、通されたラウンジで佇む2人は驚くほどリラックスした様子で迎えてくれた。

「この前来日した時にもこのホテルに泊まってたんだけど、僕らがデザインしたバッグを持った女性を何人も見かけたんだ。幅広い世代で支持されていることを感じて凄く嬉しかったね。」と語るのは、6歳まで東京の港区で過ごしたという Jack。ニューヨークを拠点にし、洗練されたクリエイションで定評のある彼らには、なるほど都内を一望出来るパークハイアットからの絶景がよく似合う。

Jack McCollough (ジャック・マッコロー) Lazaro Hernandez (ラザロ・ヘルナンデス) 、それぞれの母親の旧姓を組み合わせたというブランド Proenza Schouler (プロエンザ・スクーラー)  がデビューしたのが2003年のこと。現代的でありながら伝統的なクラフツマンシップを継承する彼らは、今やニューヨークきってのトレンドセッターとして広く認知されている。デビュー後、間を置かずして2004年には CFDA Vogue Fashion Fund (CFDA・ヴォーグ・ファッション基金) によるファッションアワードにて新人賞を受賞、その後も CFDA にて合計5回のアワード受賞経験を持つ彼らは、今年の3月には国内初となる単独ショップを伊勢丹新宿店にてオープンしている。

 

– 9年ぶりの来日とのことですが、前回と比べ何か印象が変わったところはありますか?

Jack McCollough (以下 Jack): 9年前の東京ももちろん都会だったけど、今回の来日でまた更に開発が進められていて驚いたね。特に新宿から見る摩天楼は目を見張るものがある。

10月20日まで開催された、伊勢丹新宿店のポップアップストア | Photography Kazuma Iwano

伊勢丹新宿店にて開催されたポップアップストアでは、最新のクルーズルックに加えアイコンバッグが数多く取り揃えられました

Jack: 厳密に言うと、Proenza Schouler ではクルーズコレクションのことをシンプルにプレスプリングと呼んでるんだ。紛らわしいよね ()

 

なるほど。そもそも年末の忙しい時期にクルーズに行く人なんてほとんどいないですもんね ()

Jack: 見たことが無いだけで、実はいるのかもね ()

Lazaro Hernandez (以下 Lazaro): プレスプリングの最新ルックに加え、今回のポップアップストアでは Proenza Schouler のアイコニックなバッグにフォーカスしてるんだ。「PS1 (ピーエスワン)」、「PS11 (ピーエスイレブン)」、それに加えて新しい「PS Pin Bag (ピーエスピンバッグ)」を国内先行で展開しているよ。

 

パンチングレザーにピンバッジでカスタムするというアイデアは、これまでのアイコンバッグとはまた違った楽しみ方が期待出来るのではないでしょうか

Lazaro: 日本の女性たちは、デザイナーズブランドのアイテムをそのまま取り入れるのではなく、DIY で楽しむクリエイティビティに溢れている。自由な感性でカスタムした「PS Pin Bag」を持ってもらえたら嬉しいな。

 

ポップアップストアでは、ファッションシーンでも注目を集めるデジタルアート集団の teamLab (チームラボ) とのコラボも手がけられたとのこと

Lazaro: ポップアップストアの話が上がった時 teamLab から連絡をもらったんだ。ファッションとテクノロジーの融合にはすごく興味があったから二つ返事で快諾したよ。

実際に作ったのは、ポップアップスペースのフロントに作ったバッグのディスプレイ。大理石に見えるデジタルディスプレイを制作して、その上に置かれたバッグを動かすことでインテラクティブに映像が流れるんだ。

Photography Kazuma Iwano

数々のイットバッグで知られる Proenza Schouler ですが、それと同時にクチュールテイストのレディトゥウェアにも定評があります。

Jack: 僕らがブランドを始めた時はちょうど NY デザイナーのニューウェーブで、スポーツウェアを都会的にアレンジしたようなスタイルが人気を集めていた。そのこともあってか、僕たちも多くの場合コンテンポラリーの一派として認識されることも多い。でも実を言うと、いわゆるコンテンポラリーと呼ばれるスタイルにはあまり興味が無いんだ。以前あるインタビューでも答えたんだけど、ブランドが始まった当初、僕たちにとってクチュールこそがパンクだと感じたんだ。女性を美しく見せるシルエットはもちろんのこと、伝統的なオートクチュールの技巧やクラフツマンシップを評価すること、あと上質な素材にこだわり抜くことも重要だね。

Photography Kazuma Iwano

また別のインタビューでは「ニューアメリカンラグジュアリー」というタグラインを使われていたのが記憶に残っています

Lazaro: 「ニューアメリカンラグジュアリー」はまさに僕たちのフィロソフィー。あまりに物質的になり過ぎた現代において、手仕事の重要性を再認識し、新たなラグジュアリーの定義を示したいと考えている。

Jack: ちょうど最近、2016年春夏コレクションのランウェイルックをハリウッドスターの Cate Blanchett (ケイト・ブランシェット) がガラパーティーで着用してくれたんだ。彼女は素晴らしい女優であり女性だから、僕たちのコレクションを気に入ってもらえて強く励まされた。でもその一方で、僕たちにとってセレブリティが一度きりの衣装として着用することと同じくらい、一般的な女性が日常生活の中で Proenza Schouler というブランドを取り入れてもらえることが光栄なんだ。

 

素材やディティールにこだわり抜いたリアリティのあるコレクションで定評がある一方で、2015-16年秋冬コレクションではフェザーの装飾が華やかなナイトガウンも発表されました

Lazaro: これまでのコレクションではいわゆるレッドカーペット的なルックは発表していなかったからね。フェザーやアイレットといったモチーフがキーとなったのが秋冬コレクションを象徴するルックとしてあれらのドレスを制作したんだ。

Jack: とはいえコレクションのテーマは毎シーズン変わるものだから、レッドカーペッド用のドレスが今後増えていくというわけではないよ。

 

同じく秋冬コレクションでは初となるメンズルックも登場しています

Jack: あのコレクションの後、数え切れないくらい聞かれたんだ。今後メンズコレクションを展開するつもりはあるのかってね。現時点ではその構想は無いんだ。残念だけどね。

 

続報待たれよ、ということですね。先日発表されたフレグランスのプロデュースについては何かニュースはありますか?

Lazaro: L’Oréal (ロレアル) との提携を発表したのが今年の6月。現時点ではまだコンセプト段階だから、具体的なビジョンを教えられないんだけど、発売は2017年を予定してる。フレグランスの開発は洋服よりも長い時間がかかるからね。香りはもちろん、パッケージ、キャンペーンなど、今までにない挑戦にワクワクしているよ。

 

<ショップ情報>
Proenza Schouler 伊勢丹新宿店
住所: 東京都新宿区新宿 3-14-1 伊勢丹新宿本館 3F
問い合わせ先/03-3352-1111
HP: www.proenzaschouler.com

share