sponsored
Stella McCartney
with hajime sorayama

ステラ マッカートニーのマニフェスト「A to Z」 vol.5 空山基

Stella McCartney
with hajime sorayama

model: hajime sorayama
photography & videography: michi nakano
video colorist: sota ito
text: manaha hosoda
edit: daisuke yokota & manaha hosoda

「未来への意思を指し示す設計図」AからZまでのアルファベットにブランドの信念を託した Stella McCartney (ステラ マッカートニー) のマニフェスト「A to Z」。ロックダウン中に誕生したこのコンセプトに共感した世界各国のアーティスト26名が、それぞれの解釈のもとオリジナリティ溢れるアートワークを作成した。そのうちの7作品がTシャツになって、各30枚のとびっきりエクスクルーシヴなリミテッドエディションでお目見え。売り上げは、それぞれのアートワークを手がけたアーティストが選んだ団体に寄付される。

この「A to Z」プロジェクトのローンチを祝して、TFPでは年齢も性別も違う個性豊かな顔ぶれとともにファッションシュートを敢行。それぞれが選んだアルファベットに紐付いて、Stella McCartney の魅力をクローズアップする。(最終回/全5回)

Stella McCartney
with hajime sorayama

ステラ マッカートニーのマニフェスト「A to Z」 vol.5 空山基

空山基がアートワークを手がけたTシャツの収益は、同氏が以前より支援してきたという日本の「国境なき医師団」に寄付される。
Tシャツ ¥66,000 *世界で30枚のみの限定商品/Stella McCartney (ステラ マッカートニー)

フィナーレを飾るのは、「A to Z」プロジェクトに参加したアーティストのひとり、空山基。セクシーロボットなど人体と機械の美を追求した挑戦的な作品で熱狂的な支持を得ている現代美術家だ。

空山基は本プロジェクトのため、自身のイニシャルでもある「S」のアルファベットを担当。ロボットの手が「S」の文字を持ったインパクト抜群のアートワークについて「Sの文字を90°傾けると、メビウスの輪になります。 私にとってメビウスの輪は、永遠と不死のシンボルです」と語る。作家の大ファンであり、来日の際には今回の撮影の舞台となった同氏のアトリエにも赴いたことがあるという Stella McCartney にとっても待望のコラボレーション。ブラックのボディに作品が大きくプリントされたTシャツを手にして、本人も満足げだ。

share